ビタミンC誘導体ってなに?

美白成分には、メラニン色素に変換させるチロシナーゼという酵素の働きを食い止める成分もあり、コウジ酸やビタミンC誘導体などがこれに当たります。

これには美白以外にも抗炎症作用や、アンチエイジング作用もあります。

美容クリニックにおいてビタミンC誘導体は顔に着色、電極を当ててイオン導入する場合に使用されます。

いつもの化粧品として肌に塗るケースには肌の奥まで定着しませんが、イオン導入をする事により、成分を真皮にまで定着させる事が出来ます。

最初に美白成分にはメラニン色素を完成させる指令を抑制する成分があり、これにはカモミラETが挙げられます。

そんな訳でここでは、美白成分にはどれほどの働きがあるのかという事と、ビタミンC誘導体とは何であるのかという事、美容クリニックでのこの成分の使われ方について解説します。

この事により、シミ、シワ、毛穴、たるみなど多彩な肌トラブルを改善させる事が出来ます。

イオン導入はピーリングなどでオールド角質を取り除いた後に行うと、更に吸収率を上げる事が出来ます。

美白成分にはカモミラETやコウジ酸、ビタミンC誘導体など色々な成分があります。

このうちビタミンC誘導体とは、リン酸型ビタミンCなどのように、ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変更したものを指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です